HAZARD TALK

ご利用事例

東京都葛飾区役所 様

葛飾区役所様は災害用無線機”ハザードトーク”を、区内の避難所(小学校等)や消防署だけではなく、
災害時協定を締結された団体/企業、地元の公共インフラ機関、姉妹都市などへ配布され、
今後の首都圏直下地震等の災害時にも円滑に「音声や写真動画等での被災現場との情報連携」が出来るよう備えられています。

  • 説明会風景

  • 葛飾区役所様専用 オリジナルカバー

  • 危機管理課加藤様と専門員菊川様


導入のきっかけは?
現在、運用している移動系の防災無線では、使用エリア(区内)が限られる事やアンテナの設置が必要でした。

また、建物や地下では使用できず、通話場所が限定されていました。

災害時において言葉だけの連絡で全てを伝えるのは難しいため、画像や映像データ・拠点情報などの「災害現場を見える化」もできる”ハザードトーク”を採用しました。

導入後のご感想
ハザードトークの導入により通話エリアが広がったので、配布先は地域の避難所等だけでなく、災害協定自治体や災害協定団体に幅広く配布し、災害時に重要である情報連携、伝達および連携を強化しています。

また、日常においては、多くの機能を使った定期的な防災訓練のほか、設置機関との訓練も実施しています。

TAG index
一番上に戻る