安否確認システム

安否確認システム(拠点情報集計システム/SwiftMail)は、
地震速報と連動し、災害発生時に自動で各従業員や
各拠点にメッセージ配信し被害状況を集計します。

導入企業

  • DIC
  • 八王子消化器病院
  • ハナマルキ
  • 公立昭和病院
  • 大宮製紙
  • 済衆間病院

その他実績多数。くわしくはお問い合わせください。

拠点情報集計システム利用のケース

地震発生

メッセージ一斉配信

ハザードトーク

アンケートに回答

自動
集計

事前に設定を行った災害が発生した場合
(震度5以上の地震など)
各拠点のハザードトークへ自動で
メッセージを配信して
アンケートへの
回答を促し、被害状況を自動で集計

  • パソコン管理画面イメージ

    パソコン管理画面イメージ

  • スマホ回答画面イメージ

    スマホ回答画面イメージ

サービスの特長

  • 自動配信と手動配信の2種類

    気象庁から発令される災害情報をもとに、自動でメッセージを配信することが可能です。配信条件は事前に設定することができます。
    また、管理者が任意のタイミングで、手動で配信することも可能です。

  • 集計結果はCSVで出力可

    配信メッセージの未読、既読の状況はもちろん、事前に設定したアンケートに対する回答を自動で集計してお知らせ。集計結果はCSVデータで出力可能。

ご利用料金

  • 初期費用
    10,800円(税込)〜
  • 月額費用
    5,000円(税込)〜/50ID〜
一番上に戻る