HAZARD TALK

ご利用事例

厚木市役所(神奈川県) 様

神奈川県の中央部に位置する
人口22万人超の特別市である厚木市様が、
今までの無線機からの切替で、
当社の多機能緊急災害情報無線機「ハザードトーク(モデルHT906)」を
導入されました。

  • 市長室危機管理課防災・危機管理係
    戸井田副主幹

  • ハザードトーク65 台をご導入頂いた『厚木市役所様』が新聞で紹介されました。


導入のきっかけは?
使用に際して許可も申請も不要で通常時にも緊急時にも
使えるような無線機を探していた。そのときに出会った
ハザードトークの機能として災害時に使える機能を持った
ことに着目しました。
そして、音声通信に関しては 、
 1. クリアな音質 
 2. 一斉同報・グループ通話 
 3. 県内外を問わずどこでも通信範囲さらに災害時に
  その機能に期待できる、“画像共有システム(ハザード
 フォトス)”にも期待しました。

■今迄の通信手段の課題はどんな点がありましたか?
 山間部やビルなどの室内での通信が不安定で市内全域を
 カバーできていなかった。

導入後のご感想
市内全域をカバーし、写真や動画の画像共有システムを
使用することで 災害対策本部内で災害現場の状況をリアル
タイムで確認し、スピード感ある災害対応が可能になる
ことを期待しています。

【ご利用プラン】
 フリートーク(無線通話無制限+DEWS)/55台
 マスタープラン(フリートーク+インターネット6GB+テザリング)/10台
一番上に戻る