HAZARD TALK

ご利用事例

横浜市神奈川区 西神奈川二丁目町内会 様

住民にて、地域の「一時避難所⇔広域避難場所」へ
電波が届く「ハザードトーク」を無料で獲得し、配備!

  • 町内会館の前に飲料自動販売機(1台)を新しく設置することで、
    無償でハザードトークを導入致しました。

  • ハザードトークの通話


導入のきっかけは?
町内に高層建物や私鉄の高架があり、通話が出来ない場所が多く困っていました。(特定小電力無線機利用)

導入後のご感想
現在は町内のどこからでも、また建物の中でも通話可能な「ハザードトーク」を利用して通話が可能となり、災害時の避難に備える事ができました。
一時避難場所から広域避難場所への大所帯での移動にも活用したいと思います。
一番上に戻る