2020年6月2日

コラム一覧に戻る

「ITの力でできる」地震発生時のエレベーター制御 

 

2009年以降、エレベーターには地震の初期微動P波(秒速7㎞)センサーの設置が義務化されました。

 

地震だぁ!

 

 

地震発生時には緊急地震速報の信号を感知し上下階のどちらか近いフロアに着床することで

中にいる人達を安全に逃がすことができます。これは緊急地震速報の発信元となる地震計が日本の至るところに配置されているからです。

 

最近は大型地震の発生を想定して日本海側と太平洋側の沿岸部に多くの地震計が埋め込まれました。地震計が感知した信号は「光回線の速度(秒速30万㎞)」で実際に揺れが届く波の主要動(秒速3~4㎞)よりも先行して信号を届けます。エレベーターはこの信号を揺れが始まる直前に感知し最寄りのフロアに着床します。

 

そして、中の人たちを安全に外へ開放することができます。

ITの力で安全に私たちの身を守る自動制御です。

 

首都圏には推定22万基台のエレベーターがあります。

大災害が発生し閉じ込め状態になった場合は保守員が開放に来るまで長ければ1週間を要すると言われています。「1週間の閉じ込め状態」現実味のある怖い話です。

 

緊急地震速報受信機「ハザードプロ」ならエレベーターのP波感知器と気象庁の緊急地震速報のどちらか早い信号で自動制御をしますので閉じ込められる人たちを圧倒的に減らすことができます。

 

緊急地震速報受信機 ハザードプロ(本体)

 

近ごろ日本中で地震が多いと感じているビル管理のみなさん。

エレベーターの安全対策を検討しているならこの機会に「閉じ込め率が高いエレベーターからの脱却」をお願いします。

 

エレベーターは丈夫で安心安全が1番です。

 

では、もし大災害時に運悪くエレベーター内に閉じ込められてしまったらどうなるでしょう。

設置されている非常コールで保守会社に連絡が付いたとしても救助はいつになるかわからないと思ってください。

 

首都圏には推定で22万基台のエレベーターがあります。

働く保守員は数千人程度で2人が1組になって保守作業をしますが災害発生時は道路の渋滞や火災そして保守員自身の被災などが想定され、直ぐに現場に来られるとは限りません。

なかには緊急用の連絡手段を未だ持っていない保守会社もあります。

通話規制でつながりにくい携帯電話で保守員へ連絡を取っていたのでは保守会社への連絡が早くてもそこから肝心な保守員に伝わるのは遅くなってしまいます。

 

そして、首都圏のエレベーターを保守員が順番に廻りドアを開放していく作業は、長ければ1週間ほどかかると言われています。

「1週間の閉じ込め状態」現実性のある恐い話です。

 

 

こうした災害時に活躍するのは防災機能をワンパッケージにまとめた

緊急災害用無線機「ハザードトーク」です。

 

ハザードトークは音声を瞬時にパケットに変換して高品質なデータ帯域で送信します。

そして相手の端末で音声に戻すことで明瞭な通話が屋内外でできます。

また同時に何人もが会話できます。

 

このほかエレベーター保守員がハザードトーク持ちGPS位置管理オプション(月500円)を付ければ現在どこにいるかがGoogle map上で分かり安心です。

 

また、写真・動画機能なども使えるのでリアルタイムで災害情報の共有を可能にします。

保守点検で訪れた保守員に「緊急時の連絡手段は万全ですか」遠慮しないで質問してみるのも「防災の心得」と思います。

 

コラム一覧に戻る

コラム一覧に戻る

一番上に戻る